恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

【見頃】鳴子峡の紅葉へ電車でアクセスする方法【仙台駅からの行き方】

スポンサーリンク

 

鳴子峡とは

f:id:eucalyptus_gunnii:20181025215425j:image

宮城県大崎市にある峡谷。

その美しい景観から、名勝の一つとして指定されています。

紅葉の名所として知られ、秋には数多くの観光客が訪れます。

 

鳴子峡へのアクセス

<車を利用する場合>

東北自動車道古川インターチェンジから国道47号で山形方面へ約1時間

鳴子温泉街より約10分

※紅葉期間中は国道47号が渋滞しますので、注意してください。

※紅葉期間中は駐車場有料

 

駐車場の場所はこちらから

www.city.osaki.miyagi.jp

 

<JRを利用する場合>

古川駅より陸羽東線を利用。

鳴子温泉駅から、タクシー・バスで約10分

 

<JR各駅から徒歩の場合> ←おすすめ

鳴子温泉駅から中山平側入口まで徒歩約60分

中山平温泉駅から中山平側入口まで徒歩約30分

 

紅葉の時期は車が大渋滞になります。(特に休日)

歩ける方は、中山平温泉駅から徒歩で向かうのも手です。

実は、鳴子温泉駅から中山平温泉駅へ向かう途中、電車の中から鳴子峡大深沢橋を見ることが出来ます。

しかも、この間電車のスピードを落としてくれるので車内から写真が撮れるんです!

電車に乗らないと絶対に行けない場所なので、あまり教えたくないですがおすすめスポットです。進行方向右側から大深沢橋が見えるので座席確保しておきましょう。

徒歩で行く場合は、中山平温泉駅下車後、右手方向へ大きな道路沿いに進みます。

T字路突き当りを右折し、更に道沿いに進めば鳴子峡に着きます。

帰りはバスなりタクシーを使うのも手です。

 

鳴子峡紅葉の見頃

10月下旬から11月上旬。

Twitter等で現地のリアルタイムな情報を確認しましょう。

 

大深沢橋

f:id:eucalyptus_gunnii:20181025215425j:image

三脚使用可能ですが、非常に混むので迷惑にならないよう注意しましょう。

日中であれば絞っても手持ちでブレなく撮影できます。

車が通る度に振動で橋が揺れるので、手持ち撮影がオススメです。

手すりは平らなので、カメラを置いて補助的に使うのは有りだと思います。

紅葉をより色鮮やかに撮りたければ、PLフィルターを持っていきましょう。

 

Kenko カメラ用フィルター PRO1D WIDE BAND サーキュラーPL (W) 67mm コントラスト上昇・反射除去用 517628

Kenko カメラ用フィルター PRO1D WIDE BAND サーキュラーPL (W) 67mm コントラスト上昇・反射除去用 517628

 

 

 

 

 

鳴子遊歩道

f:id:eucalyptus_gunnii:20181025220005j:image

大深沢橋からすぐ、鳴子遊歩道からの景観も見事です。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181025215816j:image

f:id:eucalyptus_gunnii:20181025220109j:image

ちょうど大深沢橋の真下まで行くことが出来ます。

 

周辺観光

・鳴子峡レストハウス

 鳴子峡すぐ近くのレストハウス。紅葉期間中はお祭りみたいになっています。

・鳴子温泉

 奥州三名湯の一つ。泉質が抜群に良いです。おすすめは鳴子ホテルと旅館大沼。

鳴子ホテル≪公式≫|宮城県 鳴子温泉 湯色多彩な神秘の温泉・名湯の観光旅館

 

 

 

Kenko カメラ用フィルター PRO1D WIDE BAND サーキュラーPL (W) 67mm コントラスト上昇・反射除去用 517628

Kenko カメラ用フィルター PRO1D WIDE BAND サーキュラーPL (W) 67mm コントラスト上昇・反射除去用 517628

 

 

 

スポンサーリンク