恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

松島の絶景スポット西行戻しの松公園へ行ってみた【冬編】

スポンサーリンク

 

西行戻しの松公園とは

西行法師が松の木の下で童子と禅問答をして敗れ、松島行きを諦めたという言い伝えに由来。桜の名所である園内から松島湾が一望できる絶景スポットです。

今回は、雪化粧された松島をひと目見ようと12月下旬に訪れてみました。

 

西行戻しの松公園へのアクセス

〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島犬田

仙台駅からJR仙石線で松島海岸駅へ(約38分)

松島海岸駅から徒歩20分

 

日の出が見たかったので、早朝7時前に松島海岸駅着。

撮影スポットの西行戻しの松公園へ向かいます。

 

松島海岸駅を出てすぐ右方向へ向かいます。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228134718j:plain

横断歩道を渡り、高架線の下をくぐり、すぐ左折。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228134811j:plain

階段を登り、突き当りで右折し、まっすぐ進むと踏切があります。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228134902j:plain

踏切を渡ったらすぐに左折。あとは道なりに。

まっすぐ進んでいくと駐車場があります。

(ちなみに、西行戻しの松公園頂上にも駐車場があります)

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228135450j:plain

この駐車場の中に、林に進む道があります。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228135736j:plain

入り口には通行止めと書かれていないのですが、進んでいくとちょうど西行戻しの松入り口付近で、通行禁止の札が貼ってありました。

こっちの道のほうがめっちゃ近道なのですが、最後の最後で通行止めらしいので良い子は行かないように。柵がない草木生い茂る道だったので、落ちる人は落ちます。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228135846j:plain

おそらく冬季の正規ルートはこの林道を行かずに、車道沿いに進んでいくルートだと思います。こっちの道はかなり長いです。

道なりに車道を登っていくと西行戻しの松公園に着きます。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228141938j:plain

ここが西行戻しの松ですね。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228144803j:plain

めっちゃ大きいです。

西行法師、ここで絶景見られれば松島行ったも同然でしょうに。

 

撮影スポット

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228144055j:plain

おすすめの撮影スポットは、画像①西行戻しの松、②高台、③展望台外縁です。

 

①西行戻しの松

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228142500j:plain

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228142552j:plain

日の出の時間は雪が降っていて、ガスが掛かったように曇っていますね。

朝日は明暗差が大きい。Lightroomで弄ればなんとかなると思っていましたが、これが限界。

三脚持っていってHDR合成すれば良かった。

 

②高台

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228144105j:plain

24mmf1.4GMは逆光耐性が素晴らしいですね。綺麗に光芒が出ました。

 

③展望台外縁

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228144440j:plain

駐車場から足跡をたどっていきましょう。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228144214j:plain

このベンチ付近が撮影スポット③

f:id:eucalyptus_gunnii:20181228144857j:plain

松島湾が一望出来るおすすめの場所。

冬の松島は空気が澄んでいて気持ちいいですが、やはり桜の季節にまた来たいですね。春が待ち遠しいです。

 

まとめ

西行戻しの松公園は、日本三景松島の威力を最大限発揮する絶景スポットだった。

 

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 新日本編

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 新日本編

 
日本の絶景 秋冬編 (ぴあMOOK)

日本の絶景 秋冬編 (ぴあMOOK)

 

 

スポンサーリンク