恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

【比較】固形燃料とアルコールストーブ、シングルバーナーはどれがおすすめ?【料理】

スポンサーリンク

 

どれを買えばいいのか迷う

アウトドア用のストーブってどれを選んだらいいか迷いますよね。

私は、最初になんとなく楽しそうだという理由でアルコールストーブを買って、次に軽さを求めて固形燃料、最後に使い勝手を求めてシングルバーナーと結局全部買ってみました。

各々使用期間も長くなってきたので、それぞれ見えてきた長所と短所をご紹介したいと思います!

 

アルコールストーブ

f:id:eucalyptus_gunnii:20180617190143j:plain

先ずはアルコールストーブから。

マスプロダクトの傑作、エバニューチタンアルコールストーブを購入しました。

www.nanolog-si.com

 

単体だけでは、比較が難しいので最大限アルコールストーブの良さを活かせるアクセサリーを揃えます。

 

ストーブ エバニュー チタンアルコールストーブ 34g

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ EBY254

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ EBY254

 

燃料 ナルゲンボトル60ml/18g + ケンエー燃料用アルコール/60ml=78g

nalgene(ナルゲン) 広口丸形ボトル 60ml 90502

nalgene(ナルゲン) 広口丸形ボトル 60ml 90502

 
ケンエー燃料用アルコール 500ml

ケンエー燃料用アルコール 500ml

 

風防 トークス チタニウムウインドスクリーン 15g

total 127g

 

流石アルコールストーブ、大体100gと軽量ですね!

燃料は気温や風による影響を考えて、少し余裕を持って60mlを選択。袋ラーメンなら余裕です。

ナルゲンボトル60mlはエバニューのアルコールストーブにシンデレラフィットしますのでパッキングが簡単。

風防は、ウルトラライトの定番トークスのチタニウムウインドスクリーンにしてみました。アルコールストーブは風に弱いので風防は必須です!

 

アルコールストーブの短所

・風防他アクセサリーが必要

・燃料をこぼすと辺り一面火の海になる

・途中で燃料を追加出来ないので、燃料計算が必要

・燃料の予測が難しい

・火加減の調整が難しい(火消し蓋で調整出来るモデルもあります)

 

アルコールストーブの長所

・音が静か

・煤が出ない

・軽量

・コンパクト

・ランニングコストが安い

・構造が単純なので故障知らず

  

アルコールストーブは、ある程度の軽さとある程度の火力を持った、ちょうど固形燃料とシングルバーナーの中間に位置するストーブです。

静かに揺らめく火を眺める時間が幸せなストーブ。

 

固形燃料

次に固形燃料。画像を撮り忘れてしまった… 

 

燃料 カエンニューエース/20g

五徳 TriPod Ti Power/4g

風防 トークス チタニウムウインドスクリーン 15g

total 39g

 

出ました!驚異の39g!

最も軽量、最もミニマムなシステムです。

 

固形燃料のここがgood

・燃料計算が一目瞭然

・煤が出にくい

・最軽量

 

固形燃料のここがbad

・火力が非常に弱く、シビアな環境では使えない

・沸騰しないことがある

・エスビットは有毒なガスが出る

・TriPodが異常に割高

 

固形燃料は本当に玄人向きなので、初心者が最初に買うストーブとしてはオススメしません。しかし、この軽さはファストパッキングにおいて非常に有利。

 

ダイソーの固形燃料は火力が弱いので、カエンやケイネンが製造している固形燃料を選びましょう。

 

シングルバーナー

f:id:eucalyptus_gunnii:20180530172015j:plain

最後に愛用者が最も多いシングルバーナー。

最近のトレンドはウインドマスターです。

www.nanolog-si.com

 

 

ストーブ ウインドマスター+フォーフレックス 87g

ガス SOTOパワーガス105  159g

ソト(SOTO) パワーガス105トリプルミックス SOD-710T

ソト(SOTO) パワーガス105トリプルミックス SOD-710T

 

total 246g

 

重量はアルコールストーブの大体2倍位になります。

火力調整が容易で、最も調理に適したのがシングルバーナー。

山頂に到達して疲れているときに、サッと調理できるため重宝しますね。

 

シングルバーナーの短所

・コストが高い

・やや重い

・燃料残が分かりにくい

 

シングルバーナーの長所

・シビアな環境でも確実に調理出来る

・火力調整しやすい

・本当に使いやすい

・火力が強い

・バーナーとガス缶のみとシンプルなシステム

 

低温下、強風下を想定するならばシングルバーナー、一択です。今後、標高の高い山や雪山にトライする可能性があるならシングルバーナーで間違いないです!特にこれらのシビアな環境において信頼のおけるウインドマスターをおすすめします!

本当に使いやすいので、最近はこればっかり使っています。

  

 

まとめ

初心者で何を買ったらいいか分からないという方には、最も使いやすいシングルバーナーをおすすめします!

まずはシングルバーナーを使ってみてから、もっと軽量な物が欲しいとか、調理するのは最低限だから固形燃料でも良いとか、色々見えてくると思います!

如何でしたでしょうか?皆さんの参考になったらめっちゃうれしいでーす。それでは。

 

 

 

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ  EBY254

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ EBY254

 

 

 

 

スポンサーリンク