恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

ソロストーブライトはネイチャーストーブ入門に最適だった

 

 ソロストーブライトの特徴

f:id:eucalyptus_gunnii:20180516184358j:image

f:id:eucalyptus_gunnii:20180516184454j:image

f:id:eucalyptus_gunnii:20180516184503j:image

ステンレス製でとても頑丈です。255gと軽量。

ソロストーブライトは1人用の焚き火台として適当なサイズで、複数人で囲むのであればソロストーブキャンプファイヤーというという大きいサイズがあります。

ライトは、五徳を裏返してコンパクトに収納出来るため、900mlのクッカーにスタッキング出来ます。

ソロストーブの構造としては、

ソロストーブは底の通気口から取り込まれた空気が1次燃焼を起こし、暖められた空気が2重壁の間を上昇して2次燃焼を起こすという極めて燃焼効率の高い構造を作り出すことに成功しました。

ソロストーブの構造 - Solo Stove ソロストーブ ジャパン オフィシャルサイト

端的に言うと、二回空気が燃えることで、燃焼効率が良くなります。

 

 

実際に使ってみた

f:id:eucalyptus_gunnii:20180516184558j:image

非常に火力が強く、燃焼しやすいため、予め木の枝や細く割った薪などを大量に容易しておく必要があります。

 

まず、火口としてティッシュペーパーや新聞紙をソロストーブの底にセットします。

この上に小枝や松ぼっくりを重ねて、火口に着火します。

f:id:eucalyptus_gunnii:20180516184525j:image

火傷しないように、チャッカマンやSOTOのスライドガストーチがあると便利です。

SOTO(ソト) バーベキューツール スライドガストーチ (ST-480)

SOTO(ソト) バーベキューツール スライドガストーチ (ST-480)

 

 上手く小枝から太い薪に火を移して行きます。

二次燃焼が起きると、高い火柱が上がります。

f:id:eucalyptus_gunnii:20180516184428j:image

 

簡単にお湯を沸かせる

拾ってきた小枝や松ぼっくりを燃やすだけで、簡単にお湯が沸かせます。

ソロストーブを買えば、燃料は現地調達で良いというのはお財布に優しいですよね。

五徳は3つの爪で構成されており、小さいクッカーでは若干安定感にかけます。

ユニフレームのバーナーパットMサイズがあれば、小さいクッカーも置けるようになります。

ユニフレーム(UNIFLAME) バーナーパットM 610688

ユニフレーム(UNIFLAME) バーナーパットM 610688

 

目の粗い焼き網はなんとか置けますが、不安定です。

エコココロゴスは五徳を収納した状態ではスタッキング出来ません。

 

個人的に思う長所と欠点は

長所

・ミニマムな焚き火台として、火遊び入門に最適

・燃料費が無料

・アルコールストーブの風防兼五徳としても使える

・バイオハザードが起きても、小枝があればお湯が沸かせる

 

欠点

・燃費が悪く、次々に燃料を投入しないといけないため忙しない

・クッカーを乗せていると、大きな枝を入れられず、さらに忙しない

・こじんまりとしており、大きな焚き火台が欲しくなる

・火力が強く一定でないため、調理に向いていない

・焼き網が乗せにくくBBQには不向き

 

どの焚き火台にも言えることですが、事前に燃料の準備が不可欠なため、これを潤沢に準備しておけば欠点は十分に補えると思います。

 

ネイチャーストーブはガスバーナーとはまた違った、不便を楽しめるストーブだと思います。枝を拾う所からワクワクしますし、自然で遊ぶという視点から見るとおもしろいストーブです。

 

Solo Stove ソロストーブ

Solo Stove ソロストーブ