恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

【UL】代表的なアウトドア用ストーブを比較してみた【固形燃料】

 

初心者におすすめなのはガスバーナー?

代表的なアルコールストーブ、固形燃料、ガスバーナーを見て行きたいと思います。

主に日帰り〜1泊程度を考えます。

 

アルコールストーブ

ストーブ EVERNEW チタンアルコールストーブ 34g

燃料 ナルゲンボトル60ml/18g + 燃料用アルコール/60ml=78g

風防 toaks チタニウムウインドスクリーン 15g

total 127g

 

今回は燃料消費を抑えるため五徳は不使用。燃料は気温や風による影響を考え60ml持っていきます。作るものにも依りますが60mlあれば一泊で袋ラーメンの調理は余裕だと思います。不安な場合は120ml持っていくと安心です。

 

アルコールストーブは五徳や風防が必要だったり、別個に燃料が必要だったりとそれ一つで完結しませんが、軽量ストーブとしては火力が強く、固形燃料よりも早くお湯が沸かせます。軽量化と実用性のバランスが取れたストーブですね。

 

デメリットとしては、燃料をこぼすと辺り一面火の海になったり、途中で燃料を追加出来なかったり、燃料計算に経験が必要だったりと、扱いが少し難しいところがあります。火加減の調整が必要な調理には向かないと思います。あとは、シビアな環境において燃料の予測がつかないこと。

 

ある程度の火力があって軽量、煤が出ず静かで、燃料のコストパフォーマンスが非常に良いのが魅力だと思います。

 

バーゴのチタニウムウッドストーブはネイチャーストーブでありながら、アルコールストーブの五徳と風防を兼ね備えた製品としても使えます。しかし、アルコールストーブの軽さを活かすのであれば、別個に軽量の五徳と風防を用意したほうが良いでしょう。

 

マスプロダクツのアルコールストーブとしてはエバニューが軽量、頑丈です。ガレージメーカーは高価な物が多く、特性を理解した上で使うものなので万人向けではないと思います。

www.nanolog-si.com

 

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ  EBY254

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ EBY254

 

 

ガスバーナー

 ストーブ ウインドマスター4本五徳 87g

ガス SOTOパワーガス105  159g

total 246g

火力調整が容易で、最も調理に適したのがガスバーナー。

アルコールストーブや固形燃料を使った後に、ガスバーナーを使うと、その使いやすさを改めて感じます。山頂に到達して疲れているときに、サッと調理できるため重宝します。

 

問題はコストが他と比べて高いこと。CB缶からOD缶にガスの詰替えが出来るアダプターを使えば、多少ランニングコストは抑えられます。

重量に関しては、最初は重いが、長期間使えば使うほどに容量が軽くなっていくので、長期のUL装備としても十分選択肢に入ると思います。

ウインドマスターはマイクロレギュレーター付きで低温・強風下でも確実に使えて、現在のガスバーナーの中では最もオススメです。

 

固形燃料

 五徳 TriPod TiPower/4g

燃料 カエンニューエース/20g

total 24g

 

24gと驚異的な軽さ。

燃料計算が明瞭、五徳と固形燃料、風防があれば使えるので、ミニマムなストーブ。

今回五徳で挙げたTiPowerは5000円台であり、正直五徳にここまで出費する人は少ないと思います。

固形燃料はアルコールストーブと比べて火力が大分劣ります。沸騰までにかなりの時間を要するので、余裕がある人向き。一応カップヌードル程度のお湯を沸かすのであれば、時間がかかるが、固形燃料でも可能です。

ダイソーの固形燃料は、臭いが少なく、クッカーに煤が付きません。また、アルミ箔が元々付いているので、後片付けも簡単です。しかし、鍋用に作られているので中々沸騰せず、ふつふつと泡が出る状態が長く続きます。火力が足りないので、調理には不向きです。自宅でのテストでこの結果だったので、風の強い山では工夫と妥協が必要だと思います。

 

エスビットは、有毒なガスと煤が出ること、高価であるデメリットはありますが、長期保管が可能であり、gあたりの燃焼効率も良いです。

落としどころとしてはカエンやケイネンが製造している固形燃料がベストだと思います。

 

如何にして利便性と引き換えに、軽さを得るかが鍵です。

自分が何を作りたいのかを明確にした上で、ストーブを探してみると良いと思います。

固形燃料は本当に玄人向きなので、初心者が最初に買うストーブとしてはオススメしません。ダイソーで売っているので、試してみるのも良いかもしれませんが。

アルコールストーブはシビアな環境には不向きですが、軽さとランニングコストの安さから少し装備を軽量化したい人にオススメです。

ガスバーナーは最も使い勝手が良く、最近の物は大分軽量化してきているので、初心者の方はガスバーナーを最初に買っても間違いないと思います。自分はCB缶を担いで登山したくないのでOD缶モデルをオススメします。