恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

【レビュー】エバニューのアルコールストーブEBY254を使ってみたら結構遊べた

 

アルコールストーブの新定番であり、現状ベストバイ。

f:id:eucalyptus_gunnii:20180516195153j:image

34gと超軽量で手のひらサイズ。

 

意外と火力が強いので凝った料理を作らないならこれで十分だと思います。

一応五徳無しに、そのまま乗せて使う事もできますが、あったほうがお湯が沸く速度が段違いに早い。

エバニュー(EVERNEW) チタンゴトク TriveTi EBY258

エバニュー(EVERNEW) チタンゴトク TriveTi EBY258

 

 風にとても弱いので風防は必須です。チタンやアルミホイルで風防を作ると軽さを活かせます。熱効率の観点からも風防はあったほうが良いです。

他にも穴を掘って石で囲うか、身体やザックで風よけして見るとマシになります。

 

ソロストーブやバーゴのチタニウムウッドストーブと組み合わせてネイチャーストーブの保険として使う人もいる。バーゴの方が風防効果は強いと思うが、ネイチャーストーブとして作られたものなので普通に風防を買ったほうが良いです。

バーゴ チタニウム ヘキサゴンウッドストーブT-415

バーゴ チタニウム ヘキサゴンウッドストーブT-415

 

 旧定番のトランギアは少し重いが、火消し蓋で燃料を温存出来たり、火力調整が出来たり、ロングセラーに見合った使いやすさがある。

trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25

trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25

 

エバニューでも火力調整は鍋を持ち上げて出来ます。

火消し蓋が無いので、途中で火は消せませんが、慣れれば燃料をジャストで使えるようになるので問題ないのでエバニューでいいと思います。

 

燃料はケンエーが定番です。薬局やアマゾンで簡単に手に入ります。

ケンエー燃料用アルコール 500ml

ケンエー燃料用アルコール 500ml

 

 大体10mlあたりお湯100ml前後沸かせる。

臭いも煤も出ないので、換気すれば家でも使えます。

アルコール燃料はPE製のボトルやフューエルボトルに保管します。

ナルゲンの60mlボトルがEBY254の中にフィットするため、相性が良いです。

nalgene(ナルゲン) 広口丸形ボトル 60ml 90502

nalgene(ナルゲン) 広口丸形ボトル 60ml 90502

 

 燃料を十分持っていく余裕があるなら、バーゴのフューエルボトルも定番です。注ぎやすくて、値段も良心的。

 チタンは焼け付くとチタンブルーという綺麗な青色になるのも魅力の一つ。自分だけの焼け色が付いたストーブは愛着が増します。

 

アルコールストーブと固形燃料は比較されることが多いですが一長一短です。400ml程度のお湯を沸かすならば、固形燃料の方が別個に燃料を持ち歩く必要が無く、より軽いですが、火力は弱いです。それ以上の600mlとかを沸かすのであれば、アルコールストーブの方が火力が強いため向いていると思います。

しかしどちらも強風下、低温下においては燃料の予測が困難で玄人向きです。このようなシビアな状況においてはウインドマスターをおすすめします

 

 

アルコールストーブは軽くて、静かで、燃料が入手しやすくて、低温でも確実に火が使えるかわいいやつ。

ガス火より少し不便だけど、そこが楽しいです。

 

 

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ  EBY254

エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ EBY254