恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

【レビュー】ミレー ティフォン50000ストレッチジャケット【透湿性】

すべての天候に対応できる次世代レインジャケット!

登山中のレインウェア、行動着をお探しの人におすすめしたいのが、ミレーのティフォン50000ストレッチジャケット!

 

f:id:eucalyptus_gunnii:20180611182935p:plain

 

●究極の透湿性(50,000g/㎡/24h)
⇒従来ののレインウエアに使用されている素材の透湿性は10,000〜30,000g/㎡/24h。
この2倍前後の数値の差ははっきり体感できるほどで、暑い時期や雨の多い登山で
大きなアドバンテージとなります。

●抜群のストレッチ性 

⇒体の動きを妨げず、ストレスフリーを実現。

●やわらかな着心地
⇒7ミクロン極薄メンブレンに、7デニールのトリコットを
特殊な技術で接着することで軽量で柔らかい風合いを実現

 

ざっと見た感じGORE-TEX C-KNIT BACKERに似ていますね。

ちなみにC-KNITも3層で裏地はニット素材。透湿性は25000g/㎡/24hとティフォンの半分です。

は、C-KNITよりもティフォンの方が上手で、素肌に接してもベタつきません。非常に軽やかで着心地が良いです。透湿性に関しても、C-KNITより確実に優れています。

 

ベンチレーションはポケットについています。自分は行動中、ポケットにおやつを入れることが多いので上手く使えていませんが、開放すると幾分風通しが良くなります。元々透湿性の高いジャケットなので、ポケットを閉じていても快適ですが。

 

耐水性に関して、ティフォンは20000mmと最高ランクの嵐に対応できる耐水性で、レインウェアとしては合格。実際に雨天で使いましたが、雨が全く染み込むことなく快適です。弾き具合はC-KNITの方が明らかに上ですが、必要十分なので全く問題なし。

 

フードはヘルメットにも対応できる余裕のサイズ感。ドローコードが付いているので、ヘルメットなしでもフィットするように調整出来て重宝します。

 

選択はゴアテックス製品と一緒の方法で大丈夫!お手入れも簡単です。

 

まとめ

・多少の汗ではベタつかないサラサラとした肌さわり

・レインウェアであることを忘れてしまうほどのストレッチ性の高さ

・ゴアテックスC-KNIT以上の高い透湿性と必要十分の防水性

 

ティフォンはカタログスペックに見合った、高い透湿防水性を持つ行動着として、全ての天候に対応出来る万能ウェア。

 

公式サイトでは人気色のホワイトなど一部品切れになっているようです。欲しい方は早めに手に入れましょう!

 

 

[ミレー]TYPHON 50000 ST JKT  メンズ CAPPUCCINO EU S (日本サイズM相当)

[ミレー]TYPHON 50000 ST JKT メンズ CAPPUCCINO EU S (日本サイズM相当)