恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

【買ってみた】FUJIFILMのX100Fが好き過ぎる

カメラなんてiphoneで十分。そんな時期私もありました。

 X100Fの素晴らしいところ。

  • 人や食べ物、風景も撮れる汎用性の高さ
  • 明るい35mm単焦点、APS-Cセンサー
  • 持ち歩きたくなるサイズ感
  • 所有欲を満たしてくれるレトロなボディ

f:id:eucalyptus_gunnii:20180422162323j:image

レンズ沼にハマるのが怖くて高級コンデジを試してみたら超満足。

よくiPhoneがあればカメラなんて要らないという意見があるけれど、iphoneは記録としてのカメラ。

デジタルカメラは風景や一場面を切り取って何かを表現できるカメラだと思う。

 

当時の候補はSONYのRX100シリーズ、RICOHのGR2、他にはα7ⅱなど。(今ならα7ⅲを買うかな…)。実際にヨドバシで触ってみて、しっくり来たのがX100Fだったので直感で決めました。

 

使ってみて。

作例を観ながら。

f:id:eucalyptus_gunnii:20180506172036j:plain

f:id:eucalyptus_gunnii:20180506172040j:plain

同じ風景でも表現を変えると楽しいのだ。F値2.0の明るいレンズだからこそポートレートが映える。

f:id:eucalyptus_gunnii:20180507194759j:plain

動きのある被写体もおk。

大抵の写真はオートでパシャパシャ撮っても良い画が撮れる。被写体の動きがあまりに早すぎたり、表現の方法を変えたいときはマニュアルへ手を出してみよう。

暗い場所でも露出をちょっと弄ればこの通り。

f:id:eucalyptus_gunnii:20180507195027j:plain

f:id:eucalyptus_gunnii:20180507194359j:plain

f:id:eucalyptus_gunnii:20180506202751j:plain

マニュアルでの設定変更は慣れると簡単。

露出と絞りを調整することが多いけど、サッと変更できる。

被写体によって「フィルムシュミレーション」で色味を変えて撮るのも面白い。

単焦点35mmは風景も人も、食べ物も綺麗に撮れる。

f:id:eucalyptus_gunnii:20180506171815j:plain

f:id:eucalyptus_gunnii:20180428211107j:plain

f:id:eucalyptus_gunnii:20180428211400j:plain

f:id:eucalyptus_gunnii:20180413095118j:plain

f:id:eucalyptus_gunnii:20180428211553j:plain

f:id:eucalyptus_gunnii:20180428211628j:plain

たまーにズームレンズが欲しくなるときがあるけれど、自分が動けばなんとかなる。

なんとかならない場合は、デジタルコンバージョンで拡大する。

それでも、こんな風に十分良い画が撮れる。

f:id:eucalyptus_gunnii:20180507194241j:plain

X100Fは、街中で使っても仰々しくない、持ち歩きしやすいサイズで好き。

ミラーレスにズームレンズを毎日持ち歩くのは大変ですよ。

旅行中なんかは、このくらいの軽さ・サイズ感で良いスナップ写真が撮れるX100Fが間違いないです。

 

高級コンデジで満足できずにステップアップしたいならα7ⅲを買えば良いのです。(α7ⅲボディで222,259円+SEL2470GM 219,799円…結構するなあ…

)

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

 

 

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3