恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

株で数百万損を出した教訓

より多くを求めるものは、より多くを失う

 

物事は表裏一体。何かを得ることは、何かを失うこと。

お金を得ることは、時間を失うこと。

数百万損をして株をやめた、私は何を得たか。

 

株に費やす時間

毎日ニュースや為替を追って、チャートとにらめっこして。仕事中も気になってトイレで見て、波のうねりに一喜一憂して…

平日休みの日でも9時から15時まで市場とにらめっこしている日も

そんな日々とは、もうおさらば

 

経済に関する知識

毎日ニュースを見ながら、今後世界がどう動いていくのか素人ながら色々考えるようになった。学生の頃よりも世界史や経済について勉強している気がする。それは株をやめた今でも続いている。

 

欠乏感

この損失を埋め合わせるために、どうすればリスクを最小限にお金を増やせるかを良く考えるようになった。自分がマイナスになった気分。零を超えてプラスになりたい活力が生まれた。

 

充足感

お金を失って、生きていく上で必要なものは、手元に全てあったことに気付いた。

 

図書館の素晴らしさ

図書館に自転車で行けば、無料で充実した休日を過ごせることに気付いた。結果ブックオフで本を買うことが少なくなった。新刊は本屋を梯子して速読している笑

 

家族

愛する妻や家族。一緒に過ごす時間は何よりも大切な時間だと気付いた。

 

所有欲の欠如

もしかしてお金を失うことがミニマリストへ羽化するための最終条件なのか

お金を失うことで、

スマホ・通販サイトを見なくなった(スマホは究極の広告媒体)

ウィンドウショッピングをしなくなった(職場と図書館や本屋、プールの往復)

雑誌を見なくなった(雑誌は商品を紹介する広告に近い)

新商品に興味がなくなった(どうせ数年後には型落ち)

 

 

数百万の損失に見合う利益を得られたかは、これからの行動に依る。

私は転んでもただでは起きぬ。