恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

【淹れ方】初心者のコーヒー【必要物品】

普段インスタントコーヒーばかり飲んでいたが、ペーパードリップで淹れたコーヒーは馥郁たる香りで、雑味の無いすっきりとした味わい。

 

 

ということで色々調べてみた。

 

まず豆。色々種類があってどれが良いのか分からない。取り敢えずコーヒー専門店のおすすめを聞いて買えば良いらしい。とりあえず丸山珈琲の豆を買ってみた。

 

焙煎後は2−3日置く必要があるようだ。焙煎した直後は炭酸ガスが多く、味が暴れることが多いのだとか。

 

保管の際には炭酸ガスを放出するバルブが付いた袋がよいそうだ。長期保存するときは冷凍もしくは冷蔵。私はすぐ使い切るので暗所常温で置いている。

 

淹れ方はペーパードリップからパーコレーター、サイフォンなど色々あるが、初心者なのでペーパードリップから始めてみることにした。

 

私が揃えたのは、ポーレックスセラミックコーヒーミルミニ、ユニフレームコーヒーバネット、ハリオのペーパーフィルター。あと焙煎した豆。

 

f:id:eucalyptus_gunnii:20180323193955j:plain

 

アウトドアでコーヒーを飲みたくて、この定番商品を選んだ。家で使っても場所を取らないし、アウトドア気分が味わえるので気に入っている。ちなみにアウトドアでコーヒーを飲んだら頻繁にトイレへ行きたくなって困った。

 

コーヒーの淹れ方

 

まずお湯を沸かす。沸かしている最中に豆を粉砕する。挽いた後は、細粒になり表面積が大きくなる。結果酸化のスピードも早まるため、手早くお湯を注ぐ。また、豆の挽き具合によって抽出速度が変わり味が全く異なるため、適した挽き具合をお店で聞いておくと良いかもしれない。買ってきた豆がひどく酸っぱいことがあったが、挽き具合を変えてみたら美味しくなったことがあった。

 

最初は少量のお湯を中央に載せるイメージで注ぎ、粉全体を湿らせる。

新鮮な豆は炭酸ガスでもくもくとハンバーグ上に膨らんでくる。

10−30秒蒸らしたら、500円玉を螺旋で書くように中心から外側に行って帰ってお湯を注いでいく。コーヒーバネットでは、一気にお湯を注ぎすぎると抽出速度が早くなって味が薄くなる。3-4回に分けてじっくり淹れる。お湯が落ちて粉が窪み切る前に、お湯を継ぎ足す。

目的の量になったら終了。

 

自分で豆を挽いた淹れたての珈琲は、新鮮で香りだけでも美味しい。