恣意的なのログ

徒然なるままに、夜更かしPCに向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、恣意的に書き殴るブログ

本は電子書籍と紙媒体はどっちがいいの?【タブレット】

雑誌や漫画が好きな人は電子書籍がおすすめ

 

書店で気に入った本があったので、値段を見たら買うのを躊躇してしまった。

どうしようか迷っていたら、ふと電子書籍のことを思い出した。

同じ本を買うなら電子書籍と紙媒体どっちがいいのだろうか。

 

電子書籍の良さ

kindleとiPadの普及に伴い随分と電子書籍が受け入れられてきた。

電子書籍は、ネット環境さえあれば何時でも何処でも本を買えて、置き場など物理的な制約がない。まるで歩く本屋さんだ。

また、高画質のタブレット画面で見る雑誌や漫画は、実物より鮮彩により大きく表示することが出来る。そして、僅かばかりだが価格が割引される。何時でも新品の状態だし、クラウド上に保存されるので一度購入すれば何度でもダウンロード出来る。

では、電子書籍は何から何まで優れているかというとそうではない。電子書籍は記憶に定着しにくい。人間は3次元的に物事を把握することが得意なため、紙の手触り、本の重み、厚さ、香りなど様々な刺激のある紙の本が記憶をする上で優位にある。

また、電子版の本は紙の本と違い、電子媒体に最適化された表示形式になる場合があり、小説などでは作者が意図した見開きと異なる場合がある。これが自分にとってはマイナス。

 

次に紙の本について。

紙の本は店頭での出会いがある。

それぞれの本屋さんでおすすめする本は異なり、知らない本でも店員さんの書いたポップを見て、興味を持つことがある。

また前述の通り、様々な感覚的な刺激が有り記憶へ定着しやすい。

他には中古で売り買いできたり、友達に本を貸してあげたり、人と繋がるきっかけになる。紙の本の方が絶対数が多いので、電子書籍化されていない本を読むことができる。

デメリットとしては新品の価格の高さ、書店に足を運ぶ手間、保管のための物理的なスペースが必要なことだろうか。

 

 

結局おすすめはどっち?

私は図書館で紙媒体の本を借りることが多いです!無料ですし、読み終わったら返却するだけで家に貯まっていかない。でっかい本棚を遠い場所に管理しているような感覚です。どうしても読みたい本があれば、中古で状態が良い物を選んで買います。

それじゃあ電子書籍は見ないのかというと、たまに見ます。これも無くてはならない存在です。特に雑誌や漫画を電子書籍で読むことが多いです。この2つに関しては、電子書籍が適していると強く感じます!キンドルアンリミテッドはたまに登録しますね。

 

雑誌や漫画が好きな人は電子書籍にハマります!

おすすめのタブレットはキンドルホワイトペーパーです!

 

 

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック